• ホーム
  • ドクター紹介
  • 院内感染予防と最新の医療機器
  • 診療案内
  • アクセス
  • 症例
  • 自由診療料金表
  • クリニックブログ
  • 採用情報

クリニックブログ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

ご挨拶諸々。

掲載日:2018/01/09


 こんにちは。

 昭島市の歯医者さん 関歯科診療所 院長の関豊成です。

 新年明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 さて。

 前回のブログに本人が記載しておりますが
 体調不良により歯科衛生士の宮﨑が退職いたしました。

 担当患者の皆さんへご挨拶をさせられなかったこと、
 本人と共に院長の私からもお詫び申し上げます。
 誠に申し訳ありませんでした。

 少しだけ彼女のフォローをさせていただきたいのですが
 多少熱があろうが声が出なかろうが
 この七年間ほとんど休まずに出勤してきた彼女が退職するわけですから
 並みの体調不良ではないとお察しください。

 短大を卒後すぐに入局し
 七年間、一生懸命もがき苦悩しながらも
 日々歯科衛生士として、一人の社会人として成長していく宮﨑を見るのは
 私にとっては非常に嬉しい事でもありました。

 反面、色々と揉める事もありましたけどモゴモゴモゴ。。。(お茶を濁す)

 ただ、揉める事が幾度となく有ったとして
 その彼女の口から出てくる言葉は患者さんや同僚や関歯科診療所や院長である私の事
 その全てに於いて必死で考えているから出てくる言葉であったと思いましたので
 
 一昨年よりは副院長に就任してもらっておりました。
 
 ですので正直に言えば彼女の退職によるダメージは大きいです。

 ですが、彼女の体の事を聞いた時に即答で辞めることを勧めたのも
 やはり今までの彼女の貢献と今後の彼女の人生をとっさに考えられたからだと思います。
 それは彼女への感謝の気持ちがあったからだと自分では思います。

 私は『感謝』という気持ちが本当に大切であると
 つくづく思う事が多くあります。

 それでも、毎日同じ人と顔を合わせて
 同じように仕事を重ねて行くと
 感謝の気持ちを忘れるようになってしまう時があります。

 その時にすぐに
 『これじゃいかん。感謝の気持ちを持たなくては。』と自分に言い聞かせます。

 多分、本当の感謝の気持ちはそんな事を自分に言い聞かせなくても
 心から湧いてくるものなのかもしれません。

 ですが
 自分がそういう人間にいまだ成長しきれていないのであれば
 自然に心から感謝の気持ちが湧き出てくるまで
 自分自身に言い聞かせることも肝要だと思っています。
 

 ちょっと前のことです。
 私事で恐縮なのですが
 昨年末の学会で最優秀発表賞をいただきました。

 この賞の受賞者が発表された時に
 受賞した私より先に当院のスタッフが全員号泣したんですね。

 そして、その場に居た多くの同業の先生方も私が賞を獲った事を喜び
 共に泣いてくれました。

 その時に心の底から自分が如何にありがたい環境で仕事が出来てるかを実感したんですね。

 自然に頭が下がりました。
 口から勝手にありがとうございますと言葉が出ました。
 その場には居なかったけれど
 共に日々考え苦悩してくれる仲間の技工士さん達の顔が頭に浮かびました。
 そしてまた、今まで学びを下さった多くの患者さんやセミナーの講師の先生方の顔も。

 そのあと酔っぱらいすぎてその場に居た男の先生達のほっぺにキスをしまくっていた。
 という報告も有るような無いような。。。

 なんかどこかの協会の不祥事と取り沙汰されている内容の様な。。。
 
 済みません、話が逸れました。

 私がこの診療所に修行から戻ってきた時からずっと
 自分の信じる『医療』という行為への思いを貫き続けてきました。

 スタッフを叱り、諭し
 患者さんを説得し
 時には自分の思う歯科医療という行為についての思いをそのまんまぶつけて
 今に至ります。

 今よりも私が人間的に未熟であったが故に
 患者さんと揉めてしまった事も
 嫌な思いをさせてしまった事も有りました。

 今でも、本当に申し訳ない事をしたと反省をし続けています。

 この10年間で私の考えについてきてもらえなかったスタッフも本当に多いです。
 辞めるスタッフから罵詈雑言を受けた事もあります。

 逆に私が彼女たちを傷つけた事も否めない事実です。


 確かに私が思う理想の医療人には遠かったとしても
 その時その時のスタッフ達も
 きっと一生懸命で、必死で、ついてこようとしてくれていたのかもしれない。

 それを私が私自身の成長速度に合わせられないなら去れと突き放していたのかもしれない。
 
 感謝の心を持てていなかったのかもしれない。

 今はそう思います。

 宮﨑が辞めても
 ありがたい事に当院には
 歯科衛生士の清水・野呂・塩谷・山辺
 受付の加藤
 勤務医の安達
 という、頼れる人財がおります。

 宮﨑が体調不良で休業という形をとった時も
 スタッフが一人減る事で増える自分たちの仕事量の心配より先に
 宮﨑の体調を心配した子達です。

 まず人間として共に働く事を誇れる子達です。

 よく患者さんや他院の歯科医師の先生方に
 「関先生の教育が良いよね」
 という言葉を頂戴します。

 嬉しいお言葉です。
 かつては自分でもそう自負している部分がありました。

 ですが、今は自分の教育論よりなにより
 一生懸命ついてきてくれるスタッフ達が居てこそだと心から言えます。

 どんな形であれ
 関歯科診療所を存続させてきてくれた今までのスタッフの皆に感謝しつつ

 現在、関歯科診療所に留まってくれているスタッフ達へ最大限の感謝の気持ちを持って
 これからも仲間として患者さんを本当に癒せる歯科医療を追い求めて
 今年も来年も過ごしていこうと思います。

 
 スタッフ共々
 今年もどうぞ宜しくお願い致します。

たくさんの出会いに感謝

掲載日:2017/12/30

歯科衛生士の宮崎です
ご報告が遅れてしまい申し訳ありません
先日、体調を崩してしまったために関歯科診療所を退職いたしました


関歯科診療所に勤め始めて7年
毎日がとても充実していて
1年が3年にも感じる程でした!

もっともっと成長出来たのでは?
と反省する気持ちもありますが
私なりに精一杯を過ごした後悔のない7年間でした

7年前に、新卒で入局した私

まだまだ人生経験の少ない子供だった私には
患者さんとの対話の中から学ぶことがどれだけ多かったか…

患者さんが発する、前向きなメッセージも.痛みに対して、治療に対して怖いという気持ちも.不安な気持ちも…
お一人お一人違う反応の全てが
少しずつ私を成長させてくれました

未熟な私を成長させてくださった患者さん達
本当に皆さんが温かなお気持ちで見てくださって…
感謝し尽くせない思いです

勤めている間に、ありがたいことにたくさんの患者さんを担当させて頂いておりました
急な体調不良により、誰ひとり直接ご挨拶することがかなわず…

担当歯科衛生士として、最低限の責任も果たせず、
大変申し訳無く思っております…。

この先は、頼れる現存のスタッフたちが担当して行くこととなります。
しっかりと引き継ぎをさせて頂きますので
今後も安心して来院なさってください!

皆本当に仕事熱心で優しいスタッフで
忘年会の日に一緒に送別会をして頂いたのですが
添付の写真に写っているもの
全て私にプレゼントしてくれたものなんです😭
大好きな猫ちゃんでお部屋がいっぱいになりました♥

突然の退職で迷惑をいっぱいかけたのに…

本当に素敵なスタッフ達と仕事を出来ていたことを
改めて実感しました!






お休みを頂き始めて3ヶ月…復職は叶いませんでしたが
今は体を休めつつ
少しずつ体を鍛えるようにしています!!

体調が改善したら
また歯科衛生士として働きます!

自分が出会った患者さんにとって

一番その患者さんの口腔内の健康を思い
一番その患者さんの口腔内の健康に貢献した

歯科衛生士になれるように
邁進したいと思います!


実家のある静岡に戻る予定ではありますが
まだ昭島の街を歩いていますので
見かけたら声をかけてくださるとうれしいです(^^)





出会えた方全てに感謝します

皆様
本当に今までありがとうございました

年末ですね!

掲載日:2017/12/27

こんばんは!昭島市の関歯科診療所 歯科衛生士の塩谷です。
26日は大掃除&忘年会でした!
今年は少しづつ掃除を初め、26日は診療中にはできない整理整頓をやりました!流行りの断捨離です!
来年は今年よりもいい運気が診療所に流れますように!(笑)

17時からという少し早めのスタートで忘年会を始めたのですが、今年は大人数でした!
被せ物や入れ歯を作ってくださる技工士さんインプラントやその他の材料や器具でお世話になっているGCにも院長が声をかけてくださり親睦を深める場を作っていただきました。
院長、ありがとうございます。

他院の方と接する際の話題や話し方など勉強したいと思っていたのでGCさんの近くのお席をゲットしました\( ´ω` )/
仕事の話をガッツリするというわけではなかったのですが、近くに座り会話を聞いていたり話しているだけでも言葉の選び方など勉強になりました。
そして、連れて行っていただいたお店がとってが美味しかったです!!
美味しいお量を気持ちよく食べられたのはお店の店員さんの気遣いが大きかったのではないかと思います。
細かいことに気づいてくださるのですが見られている感じもない。お皿の交換や下げ物も自然としてくれるので嫌な感じが全くありませんでした。

やはりまた来たい、ここいいなと思ってもらえるのは提供するものの質だけではなくそこにいるスタッフの質が重要なのですね。
忙しいとついつい手が回らなくなってしまいがちな気遣い、目配りどんな時も大事にしていきたいと思います。


今年の目標であったバイクの整備は果たせませんでしたが少しづつ出来ることが増え、見えるものも変わってきているので成長は出来ているのではないかと思えた1年でした。
来年はプライベートの安定と、仕事での更なる成長を目標とします。
バイクも来年こそは乗ります(笑)

治療中の方は仮の蓋、仮歯がお餅でとれることもありますので年末年始お気をつけください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP